乾燥肌

混合肌や脂性肌の原因にも

乾燥肌は、その原因や症状によっては敏感肌になる場合があるのはもちろん、脂性肌や混合肌になる場合もあります。

というのも、そもそも乾燥肌になる原因にあります。


肌が乾燥する原因は様々ですが、その一つに「洗い過ぎ」にあります。


洗浄力が強い洗顔料で洗うと、一見キレイな洗い上がりに感じますし、サッパリした感じが行き過ぎるとカサつきやツッパリ感を持ってしまいます。
これが乾燥を招く一つの要因なのですが、
素肌には、ある一定の油分が必要ですし皮脂を落とし過ぎると身体が皮膚を保護する為に足りなくなった皮脂や油分を補おうと分泌する訳ですが、慢性的な肌の乾燥によって、その皮脂や油分が過剰に分泌されるようになるケースがある訳です。

全体的に皮脂や油分が多くなっている場合はオイリー肌(脂性)、おでこや鼻の周りなどのTゾーンだけが過剰に分泌されている場合は混合肌になってしまいます。

また、過剰に油分が分泌されて赤く炎症を起こしてしまう事もあるようです。

このようなケースは、ご自身が脂性だったり混合肌と思い込んでいても、本当は表面だけで、実は隠れ乾燥肌だったりするわけです。
もちろん、肌の状態は人それぞれに違いますから、その原因を一概に断定することは難しいですが、「洗い過ぎない」という事に心がけて、まずは化学合成物質を極力含まない素肌の事を考えて作られたクレンジングを選ぶことが大切です。

また、洗顔石けんや洗顔フォームなどの洗顔料も同様です。

脂性肌や混合肌の原因にも - 関連ページ

原因として考えられること
気温が下がるとその分湿度も下がり、私たちの肌は水分が奪われて乾燥しやすくなります。 特に肌がカサカサに乾燥してしまうのでいつもはしていない
シワやたるみが出来やすい
お肌が乾燥してしまうと、表面の角質層が壊れてめくれてしまいそこからどんどん水分が奪われてカラカラに干からびた砂漠状態になってしまいます。 そして水分のなくなった肌は次第に