乾燥肌の乾燥

乾燥肌の原因として考えられること

気温が下がるとその分湿度も下がり、私たちの肌は水分が奪われて乾燥しやすくなります。

特に肌がカサカサに乾燥してしまうのでいつもはしていない特別なケアを冬場にはプラスするという人もいますよね。

しかし特別なケアを心がけていても肌の乾燥が改善されず、癖になってそのまま乾燥肌へと転換してしまう方も少なくありません。 乾燥肌になってしまうと肌が常に突っ張っているような感覚になってしまったり、酷いと顔から粉がふいたようにボロボロと剥がれ落ちてきてしまう場合も。


ではなぜ、こんなにも肌は乾燥してしまうのでしょうか?

その原因として秋から冬にかけて肌が乾燥してしまうのは室内で長時間暖房にあたっていることが考えられます。

暖房によって暖められた部屋の空気はさらに乾燥して肌の水分をどんどん奪っていき、いくら保湿しても追い付かないことがあります。
特に顔は常に空気と触れているのでもっとも乾燥しやすい場所です。

また寝不足、偏った食生活、紫外線に長くあたるのも乾燥肌の原因になります。 そして洗顔の仕方が間違っている場合も季節とは関係なく乾燥肌になりやすいですので特に洗顔時はゴシゴシ力を入れすぎての洗顔は控えるようにしましょう

このように肌が乾燥してしまう原因は普段の生活の中にたくさん隠れているので注意してください。

原因として考えられること - 関連ページ

シワやたるみが出来やすい
お肌が乾燥してしまうと、表面の角質層が壊れてめくれてしまいそこからどんどん水分が奪われてカラカラに干からびた砂漠状態になってしまいます。 そして水分のなくなった肌は次第に
脂性肌や混合肌の原因にも
乾燥肌は、その原因や症状によっては敏感肌になる場合があるのはもちろん、脂性肌や混合肌になる場合もあります。というのも、そもそも